私の部屋
ショップ案内
ショップリスト
News
 
商品情報
新商品季節商品
定番商品
商品に関するFAQ
カタログ「私の部屋」
 
会社案内
採用情報
 
HOME
 

文字の大きさsmallnormalbig

私の部屋40周年特別ページ
前のページへ
   
次のページへ

 

ロゴマークとコンセプトワードが新しくなります

 

 この先50年も100年も、日々再編集を繰り返し、「その地域の生活者の暮らしをより豊かな喜びで満たす」ことを私たちのあるべき姿として、自らが季節の変化や歳時記を心から楽しみ、明るく温かくお客さまを迎える店をつくりたい。このような創業時からの想いを受け継ぎ今年40周年を迎えました。
今年オープンした町田店池袋店東京ソラマチ店(2012年5/22OPEN)では、40周年を記念した新しいロゴマークとコンセプトワードの使用をスタートしています。

 

 

ロゴマーク

 

お店の前身である雑誌『私の部屋』で使われていたロゴマークを40年間大切に使い続けてきました。このたび、これからのお店のありかたへの私たち自身の想いもこめてロゴマークを新しくしました。

 

 

Design:葛西薫(SUN-AD)

葛西薫
代表的な作品にサントリーウーロン茶、ユナイテッドアローズ、とらやのアートディレクションのほか、ブックデザイン、CI、サイン計画など活動は多岐にわたる。

 

 

 

 

コンセプトワード

 

「私の部屋」に来ていただくことで、お客さまが毎日を楽しみ、ちいさなひとつひとつのことに自分らしいスタイルをつくり、豊かにすごしていただくことができますように。
コンセプトワードに使用した[Design デザイン]という言葉は、いわゆるデザインということだけではなく、ひろく、計画をしたり行動をとることも意味します。
※[Design for Living]は1933年に制作されたイギリスの劇作家、ノエル・カワードによる戯曲のタイトル。

 

 

 

 

Advice: SUN-AD+Linda Hoaglund

 

Linda Hoaglund (リンダ・ホーグランド)
日本育ちの映画監督、字幕翻訳者。監督作品は「ANPO」、「Things Left Behind」。英語字幕は宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」、黒沢明監督「七人の侍」、他200本。

 

 

前のページへ
   
次のページへ

 

▲UP